お気に入りに追加

年数管理表 4.20

スポンサードリンク

年齢と勤続年数の管理をするために作られました。

年数管理表
ソフト種類: Shareware
日付追加: 2010-09-10
対応OS: Windows XP,Windows 2000,Windows 98,Windows Me,Windows 95
ファイルサイズ: 38KB
ソフト作者: 総務工房さん

対応言語

年数管理表 4.20】の開発者説明

Advertisement
年数管理表」をお使いいただき、有難うございます。
このシートは年齢と勤続年数の管理をするために作られました。

総務の仕事をしていると社員の年齢と在職年数は常に把握している必要があります。
例えば年齢は定年や継続雇用の管理に必要ですし、年齢構成については職業安定所の調査もあります。
また、在職年数は昇給・昇格の資料になる他、永年勤続表彰の資料にもなります。

年数管理表」では生年月日や入社日を入力すると年齢や在職年数が自動計算されます。
年齢や在職年数は毎日更新されていきます。このシートでは常に今日現在の年数を表示します。
また、基準日を設定して基準日までの年数を計算する事もできます。

年齢については特に定年とその後の継続雇用を重視して、節目になる年齢の色を変えました。
また、継続雇用が始まってからの年数も表示しました。また、年齢構成については10年ごとの構成のほか、
職業安定所の調査に対応できるような年齢構成も作りました。

在職年数については、特に入社直後の管理が大切です。解雇予告が必要な日数や、見習い期間
の満了する日など、常に入社後の日数を管理しなければなりません。「年数管理表」では入社後
100日以内の社員の経過日数を表示します。また、永年勤続表彰のために節目になる在職年数は
色を変えてあります。


家族手当の受給条件や定年などの日付には「○歳になった後の最初の年度末」の場合があります。
単純に経過年数を加えれば良いのではなく、1月~3月と4月~12月では応答日が異なります。
また、和暦で昭和から平成の場合は特に計算が面倒です。そこで「年度末」シートをご用意しました。
「年度末」シートは経過年数と基準日を入力するだけで応答日が計算できます。

プログラム関連 年数管理表

よくある質問 | ご利用案内 | Copyright 2002 - 2010 BrotherSoft.com All rights reserved. リンクについて | 初めての方 | Weeebs.com | AfreeCodec.com